Categories
MBAを活かす

MBAが活かせる仕事3選

MBAとは、ビジネススクールを修了することで得られる学位の事を指し、日本語では「経営学修士」といいます。正式名称を『Master of Business Administration』といい、その頭文字をとってMBAと略されています。

MBA取得プログラムに参加すると、ビジネスに関して実践的な高度な知識と多様なスキルを修得できるため、MBA取得はビジネスエリートとしてのキャリアを歩む第一歩のような捉え方をされています。MBAを取得していると社会的な評価が高くなり、国内外で就職の機会がぐっと広がることでしょう。

本記事では、このMBAを持っていることによって就職が有利になったりその知識やスキルが活かせる仕事をご紹介します。

MBAが活かせる仕事「経営」

MBA取得で得られる知識やスキルが一番ダイレクトに活かせるのはなんといっても経営に関連です。自分で清事業経営とまではいかなくても会社の経営に近いであれば存分に活かせるでしょう。「経営企画」なども人気です。経営企画に求められる人材になるには、戦略やマーケティングなど、経営の知識を幅広く修得することです。MBAスクールで学べる内容は一致しているはずですので、取得しておくと就職転職に有利なのは間違いありません。

MBAが活かせる仕事「経営コンサルタント」

経営コンサルタントとは、MBAが活かせる職業として経営に次いでメジャーでしょう(MBAが必須ではありません)。クライアントの経営戦略の基本方針や計画についてのコンサルティング(相談)を提供する仕事です。中〜長期の経営計画から、事業戦略立案などを一緒に考えていきます。企業経営やビジネスの分野の様々知識・知見が求められるうえに、顧客の業界の知識も、社会の動きも理解している必要があります。

就職の際、MBAは必須条件ではないものの、海外の有名校でMBA取得をしている場合は英語力と合わせて高い評価を得られるでしょう。有名校でなくても、MBAを持っている=モチベーションが高いという印象になりやすいようです。

MBAが活かせる仕事「エンジニア」

NBA が活かせる仕事として意外なのがエンジニアです。直接のプログラミングやものづくりといった業務には関係しないものの、MBAを持っているとバランスの良い人材として印象がよくなるようで、近年はエンジニアが MBA を取得するケースも増えています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *