MBA

スクール選びのポイント

海外、特にアメリカでは、MBA取得と企業側の採用とが強く結びついていることが多く、ビジネススクールの「ブランド」が重視され、どこの大学でMBAを取得したかが企業の人事担当者にとっての評価基準になるといわれています。そのため、ランキングの高い有名校でMBAを取得することが非常に重要になると考えられます。

一方、日本ではMBA取得と企業側の採用とはあまり結びついていないため、あくまでも個人の「能力」と「実績」が重視されます。したがって、国内MBAを目指す場合は、「自分の能力を一番高めるプログラム」という視点で選ぶことが重要になってきます。

国内ビジネススクール選び 10のポイント

【プログラム・カルチャー】

 □ 特徴的な、重点を置く専門分野
 □ クラススタイル(ケースメソッド、レクチャー、プロジェクトベースなど)
 □ 科目の選択や履修ペース、在籍期間の自由度
 □ 実務家教員の比率
 □ 学生の年齢構成、出身企業などの多様性

【ネットワーク】

 □ 一流の経営者と直に接する機会やイベントの数
 □ 卒業後の転職や起業などのキャリア形成サービス

【教育・住環境】

 □ 学生間の交流を促す仕組みや、課外活動
 □ インフラ(図書館や自習室、インターネットアクセスなど)の充実度
 □ 自宅や職場からのアクセス

スポンサードリンク

MBAで学ぶようなトピックを、ちょっとずつかじれます。
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) kmba.jp All Rights Reserved.