MBA

財務諸表を用いた分析

財務諸表は一定の会計ルールに基づいているため、そのルールを知れば、分析して当該企業の姿を理解することができます。

実際資金を貸し出す銀行や機関・個人投資家、業界アナリストなどは財務諸表を用いて企業分析を随時行っています。

財務諸表の分析手法には、
1.時系列での比較分析
2.競合企業や類似企業との比較分析
3.目標や計画との差異比較分析
といった主に3つの手法があり、目的やニーズに応じて使い分ける必要があります。

1.時系列での比較分析

一つの企業の財務諸表を時系列に並べ、財務状況や営業状況の推移を追いかけることで、当該企業の課題や機会を洗い出す手法。

安定性や収益性などの企業の実態を時系列で見ることによってトレンドを掴むことが可能。

売上高や営業利益、総資産額といった指標を比較し、それらに影響を与えているコスト項目や貸借対照表上の資産項目・負債項目などを分析するのが一般的。

ただし、会計ルール変更によって数値は大きく変わることがあるので要注意。

2.他企業との比較分析

目標とする企業や優良企業と比較して分析することで、自社の課題や機会を洗い出す手法。

財務諸表は数値で表現されるため、比較した際に客観的な判断基準を持つことができます。

たとえば、業界で屈指の好業績を誇る企業がある場合、その根幹となる財務指標を取り上げて比較分析することで、自社の課題や機会が浮き出されます。

ベンチマーク法とも呼ばれるこの方法は、ゼロックス社やオレゴン州などで採用され有名になっています。

3.計画との比較分析

企業が策定した戦略における目標値と実績値とを比較することで、企業活動の進捗度合いを確認する手法。

戦略遂行上重要な指標を財務指標と重ね合わせ、財務データをそのまま管理会計上のツールに転用するのが一般的。

株式公開企業にとって、株価は将来の利益やキャッシュフローを見込んだもの。

目標値と実績とが乖離し、株価が乱高下してしまうと、企業経営が難しくなってしまうので、発表した目標値を確実に達成していく体制が必須です。

スポンサードリンク

MBAで学ぶようなトピックを、ちょっとずつかじれます。
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) kmba.jp All Rights Reserved.