MBA

財務諸表の基礎

財務諸表とは、企業の業績を示す「成績表」で、貸借対照表 = Balance Sheet(BS)と損益計算書 = Profit Loss Statement(PL)との2つから成り立っています。

BSは、企業の【持ち物リスト】とその【調達手段】を表したもので、PLとは、1年間の会計年度の中でどれだけ収益を上げたのかを示した【成績表】であり、売上高とコストを示しています。

この2つの表から、企業の財務状態や健全性、経営課題などを知ることができます。

貸借対照表 = Balance Sheet(BS)

あるタイミングにおける企業の保有資産とそれらの調達手段を表す、企業の【持ち物リスト】。

その持ち物である「資産」と、他人からの借り入れ資本である「負債」や株主からの出資金や剰余金などの「自己資本」によって調達された金額は同額でバランスしています。

貸借対照表を見ることで、どのくらいの価値の資産を保有しているのか、返済義務のある負債と返済義務のない自己資本とのバランスは適正か、などを判断することができます。

損益計算書=Profit Loss Statement(PL)

ある一定の期間(通常は1年間)において企業が達成した業績を示す、企業の【成績表】。

売上高から費用を差し引いて残った利益を算出し、その会社の将来性や今後の収益性などを把握する際に重要になります。

費用といっても種類に応じて区別され、それに伴って利益も様々な種類が存在します。

全費用と税金などを支払った後の「当期純利益」や当該企業の本来の事業活動であげた売上と費用とで算出する「営業利益」などが一般的ですね。

スポンサードリンク

MBAで学ぶようなトピックを、ちょっとずつかじれます。
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) kmba.jp All Rights Reserved.