MBA

経営と人材マネジメント

人事は人事で、経営は経営で、と別々にビジョンや戦略を考えて実行していればよかった時代は過去のものとなりつつあります。

時価総額至上主義に偏った現在に求められるのは、経営と人材マネジメントをリンクさせながら考え、実行していくこと。

そのためにも、まずはマネジメントに携わるすべての人々が

1.どうやって儲けるのか、だけでなく、
2.誰がお客様なのか、そして
3.そのお客様に対してどのような価値を提供するのか、

を明確にすることが重要になってきます。

つまり、人材マネジメントでは、お客様に対してどのような価値を提供するのかを意識させることがとても重要だといえます。

しかし、こうした事業ビジョンには正解はありません。

経営も、人事も、企業風土も、要は【私たちはどうしたいのか】という意志を表現したものです。

例えば、ソニーの創業者・井深大氏が起草した設立趣意書には、【自由闊達にして愉快なる理想工場の建設】
と意思そのものが記されています。

今、企業に求められているものは、まさにこういった意思なんですね。

スポンサードリンク

MBAで学ぶようなトピックを、ちょっとずつかじれます。
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) kmba.jp All Rights Reserved.