MBA

「モノ」から「コト」へ

あるNHKの朝の番組で、サクラクレパスという、クレヨンの草分け的ブランドをもつ会社を紹介していました。

初めから「モノ」を売るのではなく、絵を描くという「コト」を普及させることにより、売り上げを伸ばしてきた、とサクラクレパスの西村社長が言っていたことが印象に残っています。

その一つの活動は、小学校単位での絵のコンクール。個人で表彰するのではなく、良い絵をたくさん描いた学校を表彰しています。学校を巻き込んで、絵を描くことを普及させているんですね。

また、最近では、幼稚園や保育所に子供に絵の描き方を教える講師を派遣するビジネスも始めています。

たとえば、この講師は、焼きそばの絵を描くときには、ソースを混ぜて絵を描かせ、美味しい匂いとともに、絵を描くことを感動体験として印象づけています。

このように、「モノ」を売るのではなく、モノを使う楽しみ、つまり感動体験という「コト」を提供するマーケティングというのは、多くのマーケティングのお手本になると思います。

そして、「強いブランドを構築する」というのは、こういうことなんだと思います。

スポンサードリンク

MBAで学ぶようなトピックを、ちょっとずつかじれます。
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) kmba.jp All Rights Reserved.