MBA

マーケティング・チャネルの設計

マーケティング・チャネルとは、生産地点から消費地点へと商品が流通する経路のことであり、そこに介在する生産者、卸売業者、小売業者などの専門化された各機関が相互に関係し合い、全体的に見ると1つのシステムを形成しています。

その結びつきのパターンには、次のようなものがあります。

1.生産者→消費者
2.生産者→小売業者→消費者
3.生産者→卸売業者→小売業者→消費者
4.生産者→一次卸売業者/代理店→二次卸売業者→小売業者→消費者
5.生産者→一次卸売業者/代理店→小売業者→消費者

マーケティング上、どういった販路を経由するかは、顧客が製品、サービスを入手、消費する際の大きな判断基準となるので、顧客の要求をよく理解して設計する必要があります。

また、コンセプトや価格、プロモーションといった他の要素との整合性を考える必要もあります。

また、マーケティング・チャネルを選定する前に、企業は自社の製品が到達する市場、ないしは顧客の特性を理解していなければなりません。

そして、競合他社のチャネル戦略を検討し、あらかじめ対応案を構築しておくことも重要です。

目標とする市場で競争優位性を得るためには、競合他社の動向を十分に検討しなければならないのです。

自社の企業特性をもとに、顧客・市場、そして製品の特性を加味し、競争相手の戦略を考慮した上で選定されたマーケティング・チャネルは、優位性を獲得するための必須要素といえるでしょう。

スポンサードリンク

MBAで学ぶようなトピックを、ちょっとずつかじれます。
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) kmba.jp All Rights Reserved.