MBA

企業価値とは何か?

企業の経済的な価値というのは、理論的には、その企業が将来にわたってどのくらいのキャッシュフローを生み出すか、ということ。

企業も一般的な商品と同様、お金で売買されますが、企業価値は「一物一価」ではなく「一物多価」として表現され、また企業を所有、買収または売却する価値は、全ての投資家にとって同じ価値を形成するものではなく、様々な尺度で判断されます。

そして、企業価値の源泉は不確実な将来業績であり、それをいかに予想するかによって価値は異なります。

また、企業価値は単に財産(物、債権、債務等)の価値ではなく、それらが有機的一体として結び付いたことにより創造される「目に見えない価値(ブランド、知的財産、人的資産などの無形資産)」を含んでいることも、真の企業価値の評価を難しくしています。

ここ数年、買収ファンドが、高い価値の資産を保有しながら株価が低い案件に目をつけていますが、土地や不動産、余剰ともいえる現預金、有価証券など、保有する資産価値が高いからなんですね。

買収ファンドではないですが、記憶に新しいM&Aの案件では、Microsoftの米Yahoo!に対する買収提案がありました。

Microsoftによる買収提案は、Yahoo!の企業価値が低く見積もられている、とされ、話はうまくまとまりませんでしたが、要は、Yahoo!は

「うちには、『目に見えない価値』があり、将来的にもっと大きなキャッシュフローが見込めるんだ」

と主張していたんですね(まぁ、それだけではありませんが・・・)。

真の企業価値は神のみぞ知るところですが、企業経営では、企業価値を把握する目的や必要な精度に応じて最適な評価を実施しなければいけませんね。

スポンサードリンク

MBAで学ぶようなトピックを、ちょっとずつかじれます。
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) kmba.jp All Rights Reserved.