MBA

キャッシュフローと利益の違い

キャッシュフローはあくまでも事業を行う上での「血液」ともいえるキャッシュの流れに着目したもので、必ずしも債務が確定しているとは限りません。

・利益:帳簿上の「儲け」
・キャッシュ:実際に企業へ入ってきた「現金」

【相違点1.運転資金】

キャッシュフローと利益との代表的な相違点が、運転資金。事業拡大のために、事前に在庫を保有したり、原材料を買い付けたりするために資金が必要となり、また販売できたとしても、その資金回収までに一定の期間が必要になります。

したがって、帳簿上は「利益」でも、売掛金の回収が遅れたり、回収前に取引先が倒産したら、「利益」は現金として企業に入ってきません。

そのため、資金繰りがうまくいかないと「黒字倒産」になります。

【相違点2.減価償却費】

また、減価償却費も代表的な相違点といえます。固定資産などは長期にわたって活用されるため、現金一括購入であっても、その効果は複数年にわたって発揮されると考えるのが減価償却の基本。

つまり、利益としては毎年一定額の減価償却費が発生する一方、このコストは現金流出を伴うものではないため、キャッシュフローとしてはプラス。

簡易的な企業のキャッシュフローの計算方法は、税引後利益に減価償却費を足し戻すことで、企業の資金繰り余力をある程度知ることができます。

このように、事業経営において血液ともいえるのがキャッシュフローであり、キャッシュが枯渇した瞬間に事業は止まってしまいます。これは営利目的の企業だけではなく、NPOでもボランティアでも同じですね。

利益は会計原則に照らし合わせて、ある程度意図的にコントロールすることができますが、キャッシュフローは現金そのものの金額の増減なので、意図的にコントロールできません。

そのため、企業の実態を表す指標としても重宝されています。

スポンサードリンク

MBAで学ぶようなトピックを、ちょっとずつかじれます。
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) kmba.jp All Rights Reserved.