MBA

キャッシュフローとは?

キャッシュフローとは、現金(=キャッシュ)の流れ(=フロー)のこと。企業が事業活動をする結果、現金の流れがどのように動いているのかを理解する指標で、キャッシュフロー計算書が財務諸表の第三の柱となっているほどです。

キャッシュフロー計算書は、一定期間のお金の流入・流出の状況を示したもので、会社の現金支払能力を評価する上で重要な情報を提供しています。

損益計算書の利益を計上する時期と、実際にお金が入るタイミングとの間には、現金商売の場合以外はタイムラグが発生するため、お金の正確な出入りを把握するには、損益計算書では限界があります。

決算書の上では利益が計上されていても、売掛金が回収できず資金ショートを起こしてしまうケース(黒字倒産)もありますね。

このように、時代はお金の出入りに注目した経営を求めるようになり、導入されたのが、キャッシュフロー計算書ですが、これは3つのキャッシュフローから成り立っています。

営業活動によるキャッシュフロー

商品やサービスの販売といった営業活動から稼ぎ出したキャッシュの流れで、値がマイナスであれば、問題ありです。

投資活動によるキャッシュフロー

収益の獲得を目的とする投資活動から生じるキャッシュの流れで、固定資産の取得・売却、有価証券の取得・売却など。

工場や店舗を建てるなど、将来の利益を生み出すための投資を行うため、通常はマイナスとなります。

なお、営業活動によって得られる【営業キャッシュフロー】と固定資産や有価証券などに投資を行うことで発生する【投資キャッシュフロー】の和を、フリーキャッシュフローといいます。

財務活動によるキャッシュフロー

資金調達活動から生じるキャッシュの流れで、借入金や社債の発行等でお金を得るとプラスとなり、逆に、借金の返済などを行った場合はマイナスとなります。

スポンサードリンク

MBAで学ぶようなトピックを、ちょっとずつかじれます。
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) kmba.jp All Rights Reserved.