MBA

変動費と固定費

事業活動の中で発生する費用は、変動費と固定費に分けられます。

固定費は、生産や販売の数量にかかわらず、一定にかかる費用のことで、機械のリース料、設備の減価償却費、従業員の給料などが含まれます。

変動費とは、生産や販売が増えるにしたがって増加する費用のこと。メーカーの場合には、材料費、小売業の場合には商品の売上げ原価、販売手数料、運送費などがこれに含まれます。

変動費は現金でその期に支出しなければならないため、売上からは、とりあえず先に変動費を支払うことになります。

また、同じ費用でも、人件費のように、期間の捉え方によって、固定費とも変動費ともなる場合がありますが、通常人件費は、正社員は固定費、パートタイマーは変動費となります。

これら変動費と固定費を厳密に分けることは難しいですが、両者の構成は事業の収益構造を規定するため、考え方を押さえておくことは必須です。

たとえば、下記の問題で考えてみましょう。

【問題】
売上が1億円で、2,000万円の利益を上げている会社があります。
この会社の売上が2倍になったとき、利益はいくらになるでしょうか?

 

 

 

答えは、「これだけでは分からない」です。
少なくとも、単純に2倍(4,000万円)にはなりませんよね。

すべての費用が売上に比例する場合は、売上が倍になれば、当然、費用も利益も倍になります。

しかし、現実には費用はすべてが売上に比例するものばかりではなく、人件費や地代など、売上高にかかわらず、一定額発生する費用もあります。

変動費率が大きい場合、売上高の増大に伴いコストも増えるため、リターンは相対的に大きくありません。

一方、固定費率が高ければ、大きなリターンが期待できるものの、損益分岐点(*)に売上高が到達しない場合、固定費が大きな負担としてのしかかってくるリスクもありますね。

創業初期で資金繰りが厳しい状態であれば、コストを極力変動費化することで、資金ショートするリスクを最小限することが必要になってきます。

スポンサードリンク

MBAで学ぶようなトピックを、ちょっとずつかじれます。
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) kmba.jp All Rights Reserved.