MBA

ファイナンスとアカウンティング

企業経営を的確に行うためには、資金を適切に運用し、しっかりとした業績を生み出し(ファイナンス分野)、株主や債権者といったステークホルダーに報告、還元する(アカウンティング分野)必要があります。

ファイナンスとは、資金の調達・運用のことで、株式や債券などから最適な調達手段を選び、調達した資金運用を最大化するように管理すること。

アカウンティングは「会計」のことを指し、企業が行う事業を的確に記録し、報告をします。

また、その会計には、企業を支えるステークホルダーに対して業績や財政状況を報告する際に用いる【財務会計】と、企業の経営上の意思決定を行う際に会計情報を用いる【管理会計】があります。

財務会計では、特定の会計ルールにのっとり、正確に報告することでステークホルダーの利害を守ることを重要視。

管理会計では、意思決定を速やかに行うことが最重要視され、正確性もさることながらタイミングや目的との合致性なども重要になってきます。

スポンサードリンク

MBAで学ぶようなトピックを、ちょっとずつかじれます。
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) kmba.jp All Rights Reserved.