MBA

競争ポジション別戦略

競争ポジション別戦略とは、
企業は市場シェアや業界内ポジションによって、

1.業界トップで影響力を持つ企業のリーダー戦略、
2.業界2、3位でトップを脅かす企業のチャレンジャー戦略
3.トップは目指さずに二番煎じで追随する企業のフォロアー戦略
4.小さな市場での独占を目指す企業のニッチャー戦略

の4つを選択するという考え方。

白物家電では松下がリーダー、ソニーやシャープはチャレンジャー、
三洋や日立はフォロアー、ニッチャーはリアルフリートなどが挙げられます。

1.リーダー戦略

市場において最大シェアを保有する企業がとるべき戦略。
全方位での事業展開を基本方針とし、全顧客を対象とするフルラインナップでの囲い込みを目指します。

たとえば、トヨタ自動車がそうですね。

業界リーダーとしてコストリーダーシップを持ちながら、小型車から高級車、若者から熟年層までフルラインナップを揃えた全方位戦略を展開。最大公約数的なニーズを満たすことが求められるため、平均点的になってしまうのが一つの弱点ですが…。

2.チャレンジャー戦略

業界リーダーのすぐ後を追随する企業が取るべき戦略。
チャレンジャー企業は差別化することで他企業からの売上・顧客を奪い、市場シェア拡大を目指します。

リーダーであるトヨタに対し、日産は斬新なデザインや特徴を持った車種を市場に投入し始めていますが、これは明確にターゲットを絞り込んだことによって生まれてきた商品だと考えられます。

全方位で囲い込むトヨタではできないことを、チャレンジャーである日産であればできるわけですね。

3.フォロアー戦略

業界内で中位クラスの企業がとる戦略オプションの一つ。
差別化して競合企業のシェアを積極的に奪取するというのではなく、大手企業に追随・同調することで、ある一定の市場シェアを確保しようとする戦略。

コンパクト型の台所洗剤ジョイが市場を圧巻すると同じような商品が市場に蔓延しましたね。

ジョイの緑色に似せたボトルが多く、価格は低め。これはトップ企業を追随したフォロアー戦略の典型的な例といえるでしょう。

4.ニッチャー戦略

経営資源の少ないベンチャー企業などが取る戦略。
需要はあるけど小さいマーケットに照準を定め、その分野でトップを目指す。

大企業にとってはマーケットが小さすぎて入りにくい隙間をあえて狙い、競争を避けながら安定的な業績を上げます。

車輪庫という会社は、往年の名車をモチーフにした自動車を製造していますが、100台限定生産。

値段は高いものの、ファンにとっては非常に魅力的な商品なので、即日予約完売になるそうです。

スポンサードリンク

MBAで学ぶようなトピックを、ちょっとずつかじれます。
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) kmba.jp All Rights Reserved.