MBA

MBAとは

MBA(Master of Business Administration)とは、日本でいえば「経営学修士」にあたるもので、欧米のビジネススクールと呼ばれる経営大学院を修了した人に与えられる修士号のことです。

MBAプログラムの目的は、経営者や経営をサポートするビジネスプロフェッショナルを短期間に育成することにあり、ビジネススクールでは、主に社会人を対象に、経営に必要な知識や能力を修得するためのMBAプログラムを提供しています。

こうしたMBAプログラムでは、組織にとっての経営資源であるヒト(人的資源管理)、モノ・サービス(オペレーション、マーケティング)、カネ(財務会計)、情報、に関わるテーマを体系的に学ぶことができます。これに経済力学を理解するためのマクロ・ミクロ経済学が加わり、基本的なMBAの科目が構成されます。

日本では従来、「経営」は主にアカデミックな研究領域でした。研究者育成のための純粋な学問としての「経営学」とは違い、実務に使える実践的な経営を学びたい人は、名経営者の人物研究といった部分を学ぶに留まらざると得ませんでした。

ところが、ボーダーレス化が急速に進む中で、経営戦略やM&Aといった「国際標準」としての経営スキルの格差が企業収益に大きく影響し始めたことによって、日本でも実践的な欧米流MBA教育が注目されるになっています。

スポンサードリンク

MBAで学ぶようなトピックを、ちょっとずつかじれます。
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) kmba.jp All Rights Reserved.